効率アップ電話代行が便利なワケ【電話に対応が出来ない状況に】

賢く代行業者を活用しよう

通話

自社の戦力として活用可能

電話代行は大きく分けて電話番号そのものを貸し出すサービスとクライアント企業に掛かってきた電話を代行するサービスの2つに分ける事が出来ます。電話番号の所有自体のハードルが高くない昨今においては後者の電話を代行するサービスが主流となっており、広く普及をしている状況です。電話代行サービスの仕組みは非常にシンプルでクライアント企業側が電話転送を電話代行業者側に行う事で対応の依頼を行います。なお、転送後にどの様な対応を行うかは契約をする電話代行業者や加入するプランによって変わってくるので各社の契約内容は要チェックです。多くの電話代行業者はコール数という形で月間の対応可能件数を設けており、超過した場合、追加料金を徴収するシステムを採用しています。携帯電話のパケット通信量の契約の様な形をイメージするのがよく、利用件数が少ない方であれば費用を抑える事が出来、利用件数が多い方はプラスアルファで費用が掛かってきます。仮に利用件数が多すぎて費用負担がかかり過ぎるのであれば、自社内で直接、電話対応スタッフを配置する事を考えれば良いので、利用頻度とコストはシビアに見ていくのが良いでしょう。また、電話代行業者によっては単純な電話応対以上の受注対応や問い合わせ対応などの一歩踏み込んだ対応を行なってくれる業者も存在しており、自社の戦力として活用する事も出来ます。各業者様々なサービスを提供しているので目的に合わせて上手く電話代行業者を活用しましょう。