効率アップ電話代行が便利なワケ【電話に対応が出来ない状況に】

男性

電話対応力を上げる方法

電話代行サービスは人的リソースが限られている個人事業主などに最適なサービスです。電話対応が出来ない事によるビジネスチャンスの損失を最小限に抑える事が出来ます。フル転送や都度転送など様々な使い方が出来るので自社のニーズに合わせて活用するのが良いでしょう。

通話

賢く代行業者を活用しよう

電話代行はコール数に応じた料金計算を行うのが一般的です。利用量に応じてプラン選択が行えるので無駄なく利用が出来ます。また、受注対応などの業務も行なってくれるケースもあり、自社の戦力としても活用が出来ます。

電話

対応力と音声の質が重要

電話代行業者を選ぶ際に最低限押さえておきたいのが、対応力と音声の質です。これらは自社のイメージにも大きな影響を及ぼすのでお試し期間や口コミなどを駆使して可能な限り、チェックしましょう。信頼を築くには時間が掛かりますがら失うのは一瞬です。どこも一緒と高を括らずに精査しましょう。

個人事務所に便利な代行業

固定電話

選定は慎重に行いましょう

電話代行や秘書代行サービスはかつてから広く利用されていたサービスではありますが、近年、事業の効率化、経費削減の観点から多くの企業で利用される様になって来ています。特に利用が多いのがいわゆる士業と呼ばれる、税理士や会計士、弁護士などの事務所です。個人経営の事務所の場合、営業や客先へ打ち合わせに出たりすると事務所へ掛かってくる電話に対応が出来ない状況になってしまいます。事務員などを雇用する余裕があれば別ですが、電話対応だけの為に雇用をするのは、個人経営の事務所では厳しく、雇わなければ雇わないでその間に大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあるというジレンマに陥るのです。その様な際に助けになるのが電話代行となっており、必要な時に電話の対応を依頼する事が出来ます。電話代行の基本的なサービスとしてはクライアントに掛かってきた電話が直接、電話代行業者側に転送され、その転送された電話に電話代行業者が対応する形となります。対応内容は業者やプラン内容にもよって異なりますが、簡単な取次や伝言、アポイント調整などとなっており、場合によっては受注やQ&A対応などコールセンターや受注センターの様な対応も可能です。臨機応変に対応内容をセレクト出来るのは魅力的と言えるでしょう。なお、電話をする側はそれが電話代行業者とは分からないので、電話代行業者を利用していると思われたくないという方も安心です。対応内容やコール数で選ぶべき業者やプランが変わってくるので導入検討中の方はしっかりと比較検討を行いましょう。電話代行業者を選ぶ際ですが、プランや料金内容だけで選ばないように注意しましょう。例えば高い電話代行業者に依頼をしても満足のいく丁寧な対応を行なってくれるとは限らないからです。安い料金のところでも丁寧に対応してくれるところもありますので、業者を利用する際には実績を確認した上で選ぶと良いでしょう。また、自宅で士業業務を行なっている場合、自宅の住所を公開したくないという人も多いはずです。そのような場合は、住所貸しのサービスがおススメです。住所貸しサービスを行っている業者によっては、都心の住所を取り扱っていることもあるので、依頼主にも安心感を与えることが可能です。